カテゴリ記事一覧
--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
←応援してくれている人はクリック!そうでない人もクリック!
 
2013/04/24 (Wed) 22:27
受験生になって,拘束されない時間が増えたからなのか,それとも勉強に向かう機会が増えたからなのか.
最近よく
「立ち止まる権利」
について考えます.
いや,造語ですけどね.
勉強をしながら立ち止まって,自分の気になったことを調べてみる.
はたまた,それについて友人と考えを話し合ってみる.
そんな事をしていられる時間とでも言うんでしょうか.
そういうものがとても大切に思えてきます.

今は,
「時間があって,立ち止まっているなら英単語でもやれば?それかせっかくなら休憩」
なんてなりがちです.
昔みたいに,気になった確率についてぼーっと考えを巡らすわけでもありませんし,せっかくだから難問でも解こうと四苦八苦する時間がとても大切に思えるんです.

しかし,今の自分のそれに比べて,昔の自分はまあそりゃ時間を浪費してばかりいましたね.
高校生活,もし最初からやり直せるならもっと立ち止まって,いろいろな理解のために莫大な時間を使うのに.
それもバカみたいに.

こんなかんじで一見,高校生活は時間の浪費ばかりでしたが,こうやって書いていると意外とそうでない面もいくつか見つかるものですね.
Javaを相手に四苦八苦したり.
今となっては何の不思議もない数学の理論に四苦八苦したり.

なんか,実は
その時間を消費している時の自分の気持ちなのかもしれません.

要するに,もし私が今
「数学の問題が解けない.とりあえず2時間考え続けているけど理解が進まない」
となったら.
もちろん焦ります.
しかし,これが何でもない二年生の平日だったら.
焦ることなんてなく,自分のやれる式変形を全部試して,それでもダメならひたすら参考書をめくって,
関係無いような項目までめくって,
それでもダメなら部屋中の本をひっくり返して,
少しでも答えに進むための取っ掛かりを探したものです.

中3の頃が一番その性質が強かったかな.
(いや,受験生だろというツッコミは勘弁)

とにかく今は,もっと立ち止まりたいです.
立ち止まれるよう,立ち止まっているのも力になっていると確信できるよう
少しずつ,少しずつ基礎を固めていきます.
そして,受験に出ないようなことで,
予備校講師が,
「ああ,それはいいよ.出たって誰も解けない」
というような事を淡々と見つめたいです.

そのために,そのために今のつらい時期があるんだと信じて.
今は自分のやるべきこと,
ローラー作戦を続けていきます.

そして願わくば,一年後に探求の時間を多く取れる事を.
それがかなったなら,一年後にこの気持を忘れていないことを祈って.
 
 
スポンサーサイト
←応援してくれている人はクリック!そうでない人もクリック!
 
2012/03/02 (Fri) 20:12
テストからお久しぶりです。
早速最近の僕らしい話題になってますがまあ久しぶりなんで許してやってください。
(こちらを期待していらっしゃる読者の方がは果たしていらっしゃるのだろうか?)
反語。っと。



さて、僕は何をしたくて何をするんでしょうね。
先輩から言われました。
「生徒指揮って本来はそのパートの中で一番うまい音楽ができなきゃいけないよね~」
ごもっともです。
はい。
まあそういう意味で言われたわけではないんですが。
でも確かにそうです。
指揮者の音楽性は誰よりも高くなくてはいけませんもん。
楽曲の解析もしなくてはなりませんし、すべてのパートを(大体にしろ)覚えるくらいの事も出来なくてはいけないと思います。
けど、それをやろうと思ったら今のままでは時間なんか足りるわけ…ないです。
悔しいですが。

生徒会活動。
いろいろな仕事。
やりたいです。
やりたいんです。
やりたいんです。
けど…けれど。
時間もないです。
やるなら一つの仕事に専念しないと。
これも悔しいですが。

もちろん、生徒会活動と部活動のどちらもを両立するのも、無理でしょう。
やればどちらかは必ずあるいはどちらも中途半端に終わってしまうでしょうね。
なんか徒然草でもそんな様な事を言われた気がします(笑)

何がやりたくて、何をやるんでしょうね。
決めないと。
 
[Read More…]
 
 
←応援してくれている人はクリック!そうでない人もクリック!
 
2012/01/18 (Wed) 23:03
この頃金額の話が多いですねw
さて、今日は90円のお話。

さて、私はいつものごとく(皮肉)文化常任委員長の仕事を外でこなしていたわけです。
外で。
文化的なことを専門としている委員会なのに。
外で。
しかも仕事は
「破壊」
ブラッチェ!
ごめんなさい。この前もこれやって叩かれたばっかでした。
デストロイ!

というのも、部室の引っ越しなどなどで、いろいろな捨てられる家具を、捨てやすいように解体していたのです。
これが中々大変で。
そして、何より文化的じゃない。

委員「どこが文化的なんですか?」
僕「軽音部は文化部だろ?ロックだと思えばいいんだ。ロックンロール」
委員「」

という会話が繰り広げられるくらいです。
ちなみにこれで3回くらい呆れられました。
僕自身も呆れてますがあんな中でいい冗談なんて思いつくわけがありません。
こんなしょうもないやり取りに名前を出しては軽音部に怒られますね。
すみません。

そんな中で、いろんなごみをいろんな部活や人に譲渡していたので、
文常(※文化常任委員会の略語)って分譲常任委員会だっけ?
なんて、言われました。
その前に教室で同じ話をしていたので笑ってしまいました。
何たる偶然。

まあそんな感じで家具を壊しまくったわけです。
ブラッチェ!

でもブラッチェって本当に破壊に似つかわしい擬おn(殴

※ブラッチェとは弾いていて世界で最もプロになりやすい尊敬を集める楽器なのです。
 そして、一番地味な大切な縁の上の力持ちな仕事をしてくださる楽器なのです。
 別名…というか一般的な呼称はビオラです。
 オケラではございません。
 ビオラです。
 音楽のテストで、
 Q,弦楽四重奏を構成する楽器を答えなさい。
 と出たときによく点数を盗むのもこいつです。
 よくある誤答,ヴァイオリン1st、ヴァイオリン2nd、チェロ、コントラバス
 と、自身を忘れさせてまでも誤答を導きます。
 正しくはこちらですね。
 A,ヴァイオリン1St、ヴァイオリン2nd、チェーンソー、チェロ
 (※テストで書くと先生によっては点数がもらえません)

さて、そんな感じでヘロヘロになりながら生徒会室に戻るわけです。
で、まあここからが本題です。

何という長い前置きだ。
きっと前置きの方が長くなるぞw

さて、生徒会室に戻るとすぐに、先輩が缶コーヒーをくれたんです。
なんというか…本当にうれしいですね。
この冬の寒い中、ブラッチェデストロイしまくってヘロヘロになった後に温かい缶コーヒーですよ。
ハイ。
思わずお礼を言う声も高くなりますね。
「普通は120円のところを90円で買ったもので尊敬を得てるみたいで悪いかなと思ったんだけど、考え過ぎだって言われた」
ですって。
粋ですね。
そう言われると、こちらも変に遠慮しません。
このくらい自然に気を使えるようになりたいです。

(しかし、この会話の中でなんて気の利かない発言をしてしまったのだろう…という話は思い出したくもないので省略。もうちょっとしっかり言葉を補っておけばよかった)

さて、うれしいのも、辺に気を遣わなくていいのも、缶コーヒー…しかも90円の物だからだと思うんです。
そりゃ一番は、寒い中で仕事をしてきた後に温かいものをいただいたというのが大きいです。
でも、それでも、10円やそこらの物だと、なんだかおもしろくない冗談でも飛ばされた気になってしまいます。
かといって1000円くらいの物も、遠慮してしまいますし、恩を売られてるような気持にもなってしまいます。(高校生からしたら高額ですw)

なんというか…90円のものの価値って90円のものにしかないものなのかもしれませんね。
高すぎず、安すぎない。
そんなものにもしっかりと価値があるんだなーと感じました。

それにしても今日は先輩に感謝です。
生徒会室にいられてよかった。
最初の言葉通り僕はしっかり90円で買われてしまいましたねw

まあ、今日はこの辺で。
なんだか走り書きにはもったいないのでそのうちに書き直して清書になるかもですね。
それでは。
Strings Loverでした。
 
 
←応援してくれている人はクリック!そうでない人もクリック!
 
2012/01/16 (Mon) 21:24
僕って何なんだろう。
僕のせきってどこにあるんだろう。
なぜかいつも不思議になります。
心の置き場というか。

前は弦楽部にいましたし、今は生徒会室・弦楽部にいます。
なんか教室は押し込められている感じがするので好きになれないのですが…

まあ、それでも、いつも不思議に思います。
僕はどこにいるのだろう。
どこで何をしているのだろう。

短くてすみません。
もっとまとまってから話すべきでした。

僕はどこにいるのだろう。
 
 
←応援してくれている人はクリック!そうでない人もクリック!
 
2012/01/08 (Sun) 20:58
200円。
皆さんはどのくらいのものだと思ってますか?
いろんな200円がありますよね。
某地下鉄の初乗り料金。
ゲーセンでのゲーム二回。
百均の小物二つ。

全部200円です。
ですが、今回のお話はこれ。

とあるコーヒーショップのコーヒーの最安値。

経済とか、コーヒー豆とか、サービスとか、そういった話ではありません。
今回はあくまで200円でできることについてです。

さて、今日は学校の某委員会の新年会でカラオケに行きました。
歌えませんね。
バンドやってた時より声がかれるのが早いです。
歌い方も下手になってる訳ですし。

ま、今回はそのカラオケは置いといて、です。

終わったあとに皆さん…というか3人…で、とあるコーヒーショップに行きました。
コーヒーをすすりながら、クラシックの話だったり、行きたい国の話だったり、そこから発展してヨーロッパの話だったり。
ところがコーヒーを飲みながらだとなぜか人の話は7割しか入って来ません。
僕の変な体質発動ですw
かといって、コーヒーを早々と飲み終える訳にも…ぐぬぬ。
そんなことしていると、
「帰りたいって思ってる?」
なんて言われちゃいました。
「いえいえ、全然」
(とんでもない、このメンバーですよ。私が帰るわけなんてないです。そうだ話を変えよう)
「そういえば…」
なんて感じでたわいもない話をしたわけです。

で、そうこうしている間にコーヒーもなくなり、さて…やっと落ち着いて話せます。
皆さんも同じなのか、話がヒートアップします。
これが素晴らしく快感です。
「一番楽して金がもうかるのが政治家じゃん。で、政治家になるには、どっちかが人気あるマスコミになって、どっちかの事を改革を目指す人真面目なすごい人っぽく書いてさぁ。で、新党作ってさ」

いきなり一文目から皮肉です。
いや、あの人たちはあの人たちで大変だと思いますよ。
人間関係とか…
まあ、あれでいいとも言いませんが。

「でも、そんなことやってもつぶされるだけですって」
「でも…」
数分後
「最初の投資が…まあ無理だな」

といった感じの展開になった覚えが。
何という…言葉で表せない…若々しさが

「あー金欲しい」
「中途半端な額でしょ。25万とか」
「そう。そういう中途半端な大金が欲しい!」

私はなんという話をしているんだ…
でもそのくらいの金額が入ってくるといいですよね。←
でも、それは中途半端とは言えないw
その時の話のスケールからしたら中途半端だったんですw

「金持ちになって、子孫のためにマンションを建てるぜ!なんてやってみたいけど、死ぬ直前で発狂して高い楽器とか買っちゃいそうです」
「出た呪いのヴァイオリン」
「あ、のだめですか」

なんか日常会話にスパイスが加わった感じだ…

「英単語って覚えられないよな」
「え、そうでもなくない?」
「ちょっと待ってください二人とも、こう考えてください。アルファベットは26種類です。3文字の単語を作るのに26^3通りあるんですよ。そんなすごい数ある中のboxという単語が覚えられるって奇跡でしょ。というか無理でしょ」
「catもね」
「その尺で行ったらcommunicationなんて単語覚えられますか?無理でしょ」
「日本語にしたらもっとすごいことになるぞ…49×50×…」
「濁音と半濁音を忘れています」
「小っちゃい文字もね」
数分後
「馬鹿らしいですね。」
「でもこういうくだらない話が面白いよね」
「そうですね。」
そこから人と話をする時のことについていろいろと。
「実際に授業で学べることがたくさん入っている人よりも雑学をよく知ってる人と話したいですよね」
なんて言ったり。

哲学の話もたくさん。

ここでは書けない(上の内容でも崩壊的に意味わからないのに哲学になるとなおさら)ですが…
でも非常に面白かったです。
大体大きな話題で言うと、

「あなたは何を信じる?」
「人を疑ってしまう?」
「人間は増えすぎてる?」
「トップに立つ人は理想とされるものでたくさんの人を使っているだけ?」
「共産主義?資本主義?」

みたいなことをやってましたね。
いろんな意見が聞けましたし、皆してなんで無償で働けるのかも少しわかりましたし。

おもしろい

の一言につきます。
これだけおもしろい時間は久しぶりに過ごしましたって感じです。

そんなこんなで2時間話し続けました。
いやぁ。
気持ちよかった。
こういう話し合いが大好きです。
ディベートじゃなくて討論というか。

これだけ話して200円です。
え、200円ってすごい。
人間が3人いるってだけではこんなことはできないと思います。
喫茶店に3人いるっていうこの状況がこうやって話す機会…言っちゃえばそれだけでなく話す話まで作っちゃうんです。
それも200円で。
もちろんそれ以前に人間関係があることが前提ですが。
人間関係に200円のコーヒーと喫茶店という少しのスパイス。

すごい。
200円すごい。
何これ…僕が今までペットボトル飲料を買うために使ってた150円ってすごい高い金額じゃない?
これは…もう買えないぞ…
200円。
これだけで人間関係に素晴らしいスパイスが追加できる。
え、なんだか200円ってすごい。
あれだけ話し合って、あれだけ感動して、あれだけ共感して、あれだけ意見交換して、あれだけ自分の話の種も増えて…

名フィルが1000円で聞けるの!?
と同じ類の感動を覚えました。

お金ってすごいですね。
大事ですね。
大切に使わせていただきます。

今日は長いな…
ここまで読んでくれた方。
ありがとうございます。

最後に、少し誤解がないように。
200円ってすごいですが、それも人間関係がしっかりしてないとあり得ない話です。
結局は人間関係があってのこの200円になるんでしょうかね。
このことだけは忘れないようにしていきたいと思っています。

やはり最終的には人間関係が一番大切です。
矛盾しちゃうかもしれないですが、知れている額なら、どれだけ使っても人間関係は保っていきたいですね。
で、その上でこういう200円を惜しまないこと、惜しまなくていいように普段からしっかりと荒い金遣いをなくすこと。
それが大切だなぁと思いました。
はい。

なんかだらだらした長文ですみません。

それでは。
Strings Loverでした。
 
 
←応援してくれている人はクリック!そうでない人もクリック!
 
 TOP  NEXT≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。