カテゴリ記事一覧
 TOP 
--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
←応援してくれている人はクリック!そうでない人もクリック!
 
2011/05/01 (Sun) 11:28
人生。
それは自分と他人が綿密に絡み合って、姿を変えていくもの。
そういうものだと思う。
もちろん、最初から決まったストーリーの人生なんてものはない。
しかし、過去のある一転で、あることをしたか、あることに出会ったか、ある人に出会ったか。
そういうようなことによって形が変わるものだと信じている。

例えば、僕が今プログラムを組んでいるのも、最初にブログを進めてくれたある友人の影響である。
でも、最初にブログをしていたWindows liveから抜け出せてなければ、僕がプログラムを組むことなんてなかっただろう。
そこを抜けださせてくれたのは、また別の人だった。
そして、僕がテンプレートをいじる。
そのきっかけになったのも、最初に僕が選んだテンプレートを書いていた人の影響だった。

数学だって、今僕がやっている理由を作ってくれた人いる。
そして、その数学熱に油を注いだ人もいる。

音楽だって、そのほかだって。
今の僕は自分が作り出したものではなく、他人の創造物なのかもしれない。
そして、また僕の行動が、他人の人生を動かすかもしれない。
僕が人を動かし、またその人が人を動かす。
その人が動かした人に、僕が動かされるかもしれない。
少なくとも、今僕が動かしてるかもしれないと思う人が、少しはいる。
僕も人に動かされていると思っている。
今だって、誰かに動かされているかもしれない。
動いてしまったものは、時間の流れがある限りは元には戻らない。
もう後戻りはできないかもしれない。

だから僕は、今の時間を真剣に生きたいと思う。
変わってしまった今の時間を、最高の時間にするために。
 
[Read More…]
 
 
スポンサーサイト
←応援してくれている人はクリック!そうでない人もクリック!
 
2011/04/23 (Sat) 23:00
定義について考えてみた。

例えば
10000000000000000000000000000000000000000
このぐらいの数なら名前はあるだろう。
その名前も定義だ。
また、これがとんでもなく大きな数だというなんとなくの認識はできるだろう。
その認識。
それも定義の一つだろう。
桁が増えるほど数が減ってもいいはずだ。
なぜだめなのか。そう思ったことがある。
しかし、この定義がなければ、人間は数を数えることができない。
全員が違う数え方をするから。
定義は必要なのだ。

しかし、定義だけに頼っても生きていけない。
「人のことを好きと思うのはどこからか」
そんなものを定義しようとしたら、人を好きになれなくなる。
「どういう人格を以てよし、またどういう人格を以てあしとするか」
それを定義しようとすると人間不信になる。
無理に定義を決めるのもよくない。

人間はたびたび定義をしたがる。
確かに何かと何かに分かれると都合がいい。
僕もこうやって定義をつけてこようとした。
何にだって。どこからが「好き」なのか。
何を信用すべきなのか。
何が正しいのか。
しかし、その行為が足枷になる可能性も知った。
身を以て。
しかし僕は、定義に頼る。
それが便利なものだから。それで白黒がつくから。
だから、自分でも定義を決めたがる。無心のうちに。
そんなときに自分で気づいて、それを食い止めたいと思う。

自分の人生を、自分で狂わせないために。
 
[Read More…]
 
 
←応援してくれている人はクリック!そうでない人もクリック!
 
2011/04/15 (Fri) 20:45
§0 このノートができた理由。

>ysk
別に真似したわけじゃないんだからね!
ということで、もうすぐ私は16歳。
寿命が80だとしたら、5分の1が過ぎたことになる。
当たり前だし、何もおかしくはない。
別に僕のその人生が長いとも思わないし、短いとも思わない。
あと4回。この16年をあと4回。
ただそれだけのこと。

けど、もしその16年で人生を区切るなら…

それがこのノートのできた理由。

人生。
始まる。
ただ何もわからずに成長する。
いずれは、目標を見つける。
その目標に向かって走る。
そのあとは、自分の実力次第。

じゃあもう、目標を見つける時期は過ぎるのではないか。
僕が16になると同時に。
でも、人間の人生は0歳から始まる。
80歳が終わるまでが寿命なら、1年余る。
その1年を、僕は目標を決めることに使いたいと思う。
17歳になるまでに。

今のところの僕の目標は、世界で、誰も知らない「何か」を初めて知ることだ。
無理かもしれない。
すごく大きい口を叩いてるのかもしれない。
けれども、それがしたい。

数学?
化学?
素粒子物理?

いろいろとある。
どれかに手を出したい。
けれど、出したらそこで、自分の人生を決めてしまう気がする。
だからどれにも手を出せずにいる。
それは、いづれ大学で決めることだろう。
けれど、数学。
その基礎を学ぶことはできる。
もちろん他の物。化学。素粒子。
学ぶことはできる。
全てを学ぶ?
それは、選択肢にはないだろう。
もちろん、趣味などをすべてけずって、つまらない人間になろうというならできる。
けれど、仕事のほかにもやりたいことはある。
やることによって、人とのつながりも得られる。
仕事でもつながりを持つことができるだろう。
けれど、それは本当のつながりだろうか?
お金のからむところで、本当のつながりってあるのかな?
僕にはわからない。
あるのだろう。
けど、僕にはそれが信じられない。
仕事が終われば、その人間関係も崩れ去るかもしれない。
大人には…もちろん子供にも、うそをつくことがあるから。
関係を保持するために。
自分を守るために。
それは何となくわかった気がする。

僕はほしい。
本当の人間関係が。
それが、できるのは趣味ではないか。
なんて思っていることもある。

もちろん、純粋に趣味を持ちたいということもある。

なんだかいろいろな思いが交差している。
どれに手を出していいか…。
僕は、まず、数学に手を出してみようと思う。
もちろん本格的なものはできないだろう。
簡単なものに手を出してみたいと思う。
それなら、まだまだ取り返しがつく。
ほかの分野でも使うだろう数学だから。

これが、今のところの僕のおもい。
 
[Read More…]
 
 
←応援してくれている人はクリック!そうでない人もクリック!
 
 TOP 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。